社会保険労務士としての働き方

*

 

社会保険労務士としての働き方

行動派の「開業」、安定志向の「勤務」


 前ページの最後で少し触れましたが、社会保険労務士として仕事をする上では自分のワークスタイルに応じて登録の形を変えることが出来ます。

仕事内容
具体的には、自分の事務所を設立して独立してやっていく「開業」と、会社員というポジションのまま社内総務・人事に従事する「勤務」の2パターンとなり、これは士業の中では社会保険労務士ならではの登録形式であると言えるでしょう。
この他、「その他」登録という区分もあります。こちらは社会保険労務士を名乗れるのですが実務には携わらない形態ですが、主に研修会などに参加できるようになります。
今は社会保険労務士として仕事をしていけないけれどゆくゆくは・・・、という状況の方に支持されている形態で、意外や意外、「有資格者→「その他」登録」のパターンも実は多いんです。

 少々横道にそれましたが、社会保険労務士として仕事をするための登録区分は「開業」「勤務」があり、これはつまり、「働き方の選択肢がある」ことを意味します。
社会保険労務士として仕事をするというと、真っ先に「開業」をイメージされがちなため、「一人で事務所やったって、食えないよ」といわれてしまうケースも多いわけですが、これは全くの誤解。「勤務」なら基本的に、会社員として普通に「食える」ということになります。

 「開業」と「勤務」、社会保険労務士として仕事をする上では「どちらの方が良い」ということはありません。独立開業を目指してこの資格に挑戦したのであれば、少々苦労はあってもぜひ開業すべきですし、単にスキルアップのためというのであれば、今いる会社でその資格を活かすことが出来ます。
“食える”、“食えない”の議論から言えば無難なのは「勤務」ということになりますが、たった一度の人生、それだけで働き方をジャッジするのはちょっと悲しいことです。
様々な考え、諸々不安などあるかと思いますが、夢の実現のためにぜひベストな選択をされてください!


NEXT POST > 社会保険労務士試験は難化傾向か

社会保険労務士としての働き方 関連ページ

理想的な受験対策のカタチを考える
 「社会保険労務士試験は年々難しくなっているから、早めに合格してしまった方が良い」というお話を前ページでしまし […]
社会保険労務士試験は難化傾向か
過去問からの出題率減傾向、試験内容の変更検討など、難化は必至  カテゴリ1の各ページでもすでに触れた通り、近年 […]
「社会保険労務士では食えない」の真偽
真実は本人のみぞ知る  これからの時代、社会保険労務士の仕事などない  社会保険労務士という資格で食べていける […]