*

 社会保険労務士試験対策の勉強法に、お悩みの方はいらっしゃいませんか?

弁護士や税理士、公認会計士といった士業と比較すれば
「もしかして私も、狙えるんじゃないの?」といったイメージの強い社会保険労務士。
ですが、近年は顕著な難化傾向にあり、これまで以上に容易く合格することが難しくなってきています。

 例年一桁台をマークする合格率はますます低下傾向・・・、さらには膨大な試験範囲に奇問難問の出題・・・等々、ここ数年、受験生にとっては少々苦戦を強いられる状況下となっています。
これから試験に挑戦しようという方でも、ちょっと尻込みしてしまうかもしれませんね。

社労士の勉強法
 このサイトでは、社会保険労務士試験の勉強法に不安を感じられている方々に向け、合格を目指す上で重要な5つの心得をご紹介いたします。
「勉強したってどうせ無理なのでは」「難しそうだし、どうしよう」・・・、そんな弱気な受験生の一助になればとの一心で、現役の開業社会保険労務士が受験勉強のキモをお伝えしていくサイトです。
お話しする事柄は、いずれも私自身の経験の中で得られたリアルな声ばかり。
受験生目線で重要なことをたくさんご紹介していますから、巷の受験ノウハウよりも一層
お役立ていただけるのではないかなと思っています。

 さて、本題に入る前にここではまず「社会保険労務士勉強法の基本的な取り組み方」、
スタンスのようなものについてお話しておくことにいたしましょう。
皆さんの中には、すでに社会保険労務士試験のテキストを見たり、実際に何度か受験を経験されていたりする方もいらっしゃるかもしれません。
そういった方々が口々におっしゃるのは、「社会保険労務士試験は範囲が広いし、覚えることも多い」ということです。

そうですね、確かに私にも、膨大な試験範囲に頭を悩ませた経験はあります。
範囲が広いと「覚えては忘れ」の繰り返しですし、時折全体像が見えなくなってしまって“何を勉強しているのかも分からない状態”に陥ることもあります。
社会保険労務士試験の勉強法について、自分なりの戦略がなければなおさらです。

 しかしながら、社会保険労務士試験の勉強法は、コツを掴むだけでぐんとやりやすくなるとも言えます。
そのコツとは、「出題傾向を熟知すること」にあります。
毎年問われる箇所はもちろん、例年の傾向からいってそろそろ出題されるであろうトピックス、改正後2年ほどノータッチだった箇所など、社会保険労務士試験には狙われやすいポイントがあるのです。
ここをしっかり押さえることでぐんと合格は近づきますし、日々の受験対策としても非常にスムーズに進むようになる、ということなんですね。
これは社会保険労務士試験の勉強法に限らず、概ねすべての資格試験に共通して言えることですが、いち早く「傾向」を掴み、それを受験対策に活かしていくことは必須であると言えます。

 こうしたスタンスを踏まえ、次ページからは社会保険労務士勉強法についての具体的な心得を5つほど、ご紹介していくことにいたします。
次の本試験で絶対に合格したい受験生は、ぜひそのまま読み進めて下さい。


NEXT POST > 心得1 「テキストは情報量で選ぶ」はもってのほか